2021.6.22(火)高橋ダン「今日の世界ニュース」

ライターより

皆さんこんにちは、ミズポテといいます。
ダンさん、日本語チャンネル登録者数50万人突破、おめでとうございます!!
今日は、はにかみながら感謝の気持ちを伝えたり、苦笑を交えて質問に答えたりと、素敵な表情をたくさん見ることができました。
もちろん、内容も濃かったので、本当に勉強になりました。
それでは、お楽しみください。
国際ニュース6/22、日経平均が急反発、ビットコイン3万ドル近づく、米国債金利上昇、五輪観客1万人制限、インフレリスク意見、米インフラ案の財源

高橋ダン流「国際ニュース」の見方

2つの大切なこと

ニュース記事を読む前に、まず相場の数字を客観的に見る

数字・データの重要性
  • 大きなニュースは、数字に反映されている
  • 客観的に数字を見ることで、ニュースの本質を的確に捉えることができる

世界の情報の多くは英語で流れている

英語学習の重要性
  • ネット情報の60%以上は英語日本語はたった2%
  • 投資家にとって有益な情報も、まずは英語で流れる
  • YouTube「Dan Takahashi・English Channel」がおすすめ

オープニング

こんにちは皆さん高橋ダンです。
今日も、元気よく皆さんに国際ニュースの解説をしていきたいと思います。
現地で、今日は6月22日、午後の2時37分です。 

今日も皆さん、いつもの通りに、 世界の 国際ニュースは相場に織り込まれていると思いますので、 まず最初に客観的に数字を見てから、その後にそれぞれの国際ニュースのトピックを解説していきたいと思います。 

新しい視聴者の皆さん、僕は元ウォール街のトレーダーです。 詳しくはゼヒ概要欄をご覧ください。
皆さん、これからもチャンネル登録と、いいねボタンと、登録ボタンの横の通知ボタン ををしていただければ、アップデートがあった時に通知がでます。
皆さん、これからも宜しくお願いします。ありがとうございます。 

皆さん、毎日英語バージョンを英語のチャンネルで配信しています。
日本語動画を通訳したバージョン を英語チャンネルでやっているので、興味を持っている方は概要欄をご覧ください。

それから、まだ新しいエンジニアを募集中です。
プラットフォームの次のベータバージョンを、おそらく7月初めくらいにリリースするので、興味持っている方は僕のチームにメールしてください。 

今日の世界の相場

さっそく始めていきたいと思います。

株式相場

まずは世界の相場絡みましょう。
今日は、アメリカの相場とかコモディティの相場とか 、日本の相場も反発していますね。
かなり大きな回復です。
ですけど東店これは金曜日とか昨日の大きな下落から反発していて、まだまだこれは本物かどうか僕は少し疑問を持ちます。

アメリカ

DOW JONES INDUS.AVG
今日ダウジョーンズは21日時点で、1.76%上がりました。 
S&P 500 INDEX
エスピー500は、1.4%の上昇で、 
NASDAQ COMPOSITE
ナスダックは、0.79% 上がってます。
S&P/TSX COMPOSITE INDEX
ティーせエックス・カナダは、0.78%の上昇です。

ヨーロッパ

ヨーロッパを見ると、

Euro Stoxx 50 Pr
ユーロスタックス50は、たったの 0.71% だけの上昇で、少しがっかりでした。
FTSE 100 INDEX
フォーチュン100・イギリスは、0.64%の上昇で、 
DAX INDEX 
ダックス・ドイツは、1%の上昇、
CAC 40 INDEX
キャック・フランスは、0.51%の上昇、
IBEX 35 INDEX
アイベックス・スペインは、0.2%の上がりです。

アジア

アジアを見てみると、

NIKKEI 225
22日時点で,、今日は急反発が起こって日経平均は、2.98%上がっています。
TOPIX INDEX (TOKYO)
トピックスは、3.04%上がっています。
HANG SENG INDEX
ハンセン・香港は、0.11%の減少で、 
CSI 300 INDEX
シーエスアイ・中国は、0.54%の上昇 、
S&P/ASX 200 INDEX
エーエスエックス・オーストラリアは、1.59%の上昇、
MSCI AC ASIA PACIFIC
エムエスシーアイ・アジア新興国は、1.5%の 減少、ということです。

その他の相場

今日は、株だけではなくいろいろな相場で回復があったように見えると思います。
とくに原油が 2.4%くらい 上昇しました。
金と銀も少し安定感があり、少し上昇が見えてきたと思うので、そこに興味を持っている方は、昨日のビデオを観てください。
僕はとくに金と銀、空売りしていたポジションを今、買い戻す…、短期的にはこれから上がると思ってます。

それと、米長期金利の動きをを見てみると、今日は急激に下がって、 それがまた回復して 上がりました。これはまた、上昇の動きに戻ってきているかもしれないので、そこもまた、別のビデオで、今日 解説していきたいと思います。 

皆さん、僕の専門用語が分かりづらいと思いましたら、ぜひ投資の基本のビデオとか、過去のビデオ、チャートのビデオ、僕が書いた本、使ってる証券会社など、色々な情報が概要欄にあるので、興味持ってる方はそちらを見ておいてください。 

今日のニュース

経済ニュース

次に、今日の経済ニュースの解説をしていきたいと思います。
経済ニュースを見ていると、 ん〜、とくに今日は経済的な指数としては、あまりでかいニュースは出ていないような感じがします。

おそらく、これからメインの経済ニュースが出てくると思いますね。
これからPMIもそれぞれの国で出てきますし、今週の金曜日にまたアメリカのインフレ指数の一つが発表されるので、今日は少し静かな日だったかなと思います。

中央銀行のコメントがいくつかあったので、あとで皆さんに解説していきたいと思います。

“米金融当局はインフレリスクに対応を – カプラン、ブラード両連銀総裁”

米金融当局はインフレリスクに対応を-カプラン、ブラード両連銀総裁
米金融当局の政策見通しはインフレリスクに一段と対応させる必要があると、複数の有力者が21日に指摘した。

“「株価上昇は一時的」、ニューヨーク連銀総裁”

「物価上昇は一時的」、ニューヨーク連銀総裁 - 日本経済新聞
【ワシントン=大越匡洋】ニューヨーク連邦準備銀行のウィリアムズ総裁は21日の講演で、インフレについて「経済が驚くほど急速に開放されたことによる一時的な影響がほとんどだ」と指摘し、「物価上昇率は2021年の約3%から、22、23年には2%近くまで下がると予想してる」と語った。ウィリアムズ総裁は今年の米経済が7%の高成長と...

他のビジネスニュースも見ていきたいと思います。 

アメリカ中央銀行のインフレリスクに対応するために、ダラスのカプラン連銀総裁が対応しなくちゃいけないということを言っています。
ニューヨーク連銀総裁は、引き続き一時的要因が作用していると認識してしていますが、これは、人によって違う考え方をしているように見えると思います。

カプランさんはダラスの連銀総裁なんですけど、彼はいつもタカ的ですね。
「利上げしなくちゃいけない、利上げしなくちゃいけない」ということを言っています。
まあ、ブラードさんも今同じことを言っていますね。
なので、それぞれ違う人たちが違うことを言っていて、これも重要だと思いますね。

ダリオ氏…、資産家の有名なヘッジファンドマネージャーのダリオ氏は、米経済にな加熱リスク、引き締め開始をするということも言っているので、彼も今、タカ的なことを言っていますので、これも注目するべきかなと思いました。
大体これ半々くらいに分かれていると思うので 、今のところどういう風に見るのか難しいと思います。

ニューヨーク連銀総裁は、かなり影響があると思います。彼はまだまだハト的だと思いますね、タカ的ではなく。

“ビットコイン3万ドル割れなら「大打撃」 – 仮想通貨全般に一斉売りも”

ビットコイン3万ドル割れなら「大打撃」-仮想通貨全般に一斉売りも
ビットコインは中国による暗号資産(仮想通貨)締め付け強化を受けて3万ドルに向けて下落しつつあり、仮想通貨市場全体の一段売りの懸念を誘っている。

次の他のビジネスニュースを見てみると、 ビットコインがまた3万ドルを割るところですね.
もし割るとしたら、これは大打撃になり、仮想通貨全般に一斉売りもあるということが出ています。

またまた、今日もビットコインが下がり続けています。
昨日のビデオもぜひ皆さんご覧ください。
この一週間くらい僕は、ビットコインを批判的に見ていて、下がるという見通しをしてきました。
たぶん、3万ドル近くにいくかなと言っていて、今のところは31,000ドルまでいっていました。
なので、3万ドルまでいくかなと、まだ僕は思っています。 

“米大統領、超党派インフラ投資案巡り協議継続 財源で溝埋まらず”

米大統領、超党派インフラ投資案巡り協議継続 財源で溝埋まらず
バイデン米大統領は超党派上院議員グループによる1兆ドル強のインフラ投資計画について、一段の情報を得たいと願っており、今週も協議を継続する意向だが、財源を巡って溝はなお埋まっていないもようだ。

次に、今日の他のビジネスニュースなどを見ると…。

米大統領のバイデンは、超党派のインフラ投資案を巡り協議継続、財源で溝が埋まらず、とのことなので、まあみんなインフラ政策をしたいということは明らかだと思いますね。
共和党も民主党も。

しかし、財源に対して溝は埋まっていないということなので、これは2ヶ月間ぐらいはかかるかなと思います。
特にこれから夏あたりになって、議員たちの休日が増えてくるので、おそらくこれは、秋あたりまでは可決できないかなと、僕は思っています。

最後に社会ニュースなどを解説して、 皆さんの質問に答えていきたいと思います。 

コロナ関連ニュース

今日のコロナ関連のニュースと、他の社会ニュースの解説をしていきたいと思います。

ワクチンの接種率など見てみると、今は中国とかイタリア、韓国が、毎日の100人あたりの接種率が1.35人〜0.87人で、スピード感を持って摂取しています。
フランスもイギリスもブラジルも、とくにブラジルがこの頃だんだんとスピードが高まってきたので、ここも安心するかなと思ってます。

“米航空、需要回復に人手追いつかず アメリカンは減便”

米航空、需要回復に人手追いつかず アメリカンは減便 - 日本経済新聞
【ニューヨーク=大島有美子】米航空大手で人手不足が深刻な問題になっている。アメリカン航空は19~20日の週末、乗務員が足りなくなるなどして約300便をキャンセルした。ユナイテッド航空もパイロット不足に懸念を示す。新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、足元で急回復する需要に人手が追いつかない。各社はコロナ禍で無給休暇扱...

それと、米航空、アメリカン・エアーラインでは、需要回復に追いつかず、減便するというニュースも出ていました。

しかし、減便と言いながらもアメリカン・エアラインの株価はあまり下がっていなかったと思います。
あ、実は今日上がっていました。
0.72%上がっていたので、これもコロナの重要性が高いという見方をしている投資家たちが多いように見えると思います。

“新型ウイルスのワクチン、低所得国で不足 = WHO アフリカでは感染第3波”

新型ウイルスのワクチン、低所得国で不足=WHO アフリカでは感染第3波 - BBCニュース
新型コロナウイルスのワクチンを国際的な分配機構COVAXを通して受け取っている多くの貧困国が、ワクチン不足で接種を続けられなくなっている。世界保健機関(WHO)が明らかにした。

それと、新型コロナのワクチンで、低所得の国で、とくにこれはアフリカではまだ不足、というニュースが出ていて、感染第3波が出はじめているように見えます。

“五輪観客1万人まで 5者協議決定”

五輪観客1万人まで 5者協議決定 - 日本経済新聞
今夏の東京五輪を巡り政府や大会組織委員会、東京都は21日、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)を交えた5者協議をオンラインで開き、競技会場の観客数の上限について、定員の50%以内で最大1万人まで認めることを正式決定した。観客上限を超えている競技・種目のチケットは、当選者の中で再抽選し約9...

日本では、五輪観客1万人までという協議が、いろいろ決定されているみたいですね。

これから東京オリンピックは、おそらく開催されると思いますね。
あと1ヶ月くらいで開催されます。
観光客はありで、マックス1万人ということで進んでいるのかなと思います。

質問への回答

最後に、皆さんのコメントに答えていきたいと思います。

毎日皆さん、「ありがとう」というコメントを、心からこちらこそありがとうございます。

いろんな人から「おめでとう」というコメントやE メールを、何千ももらいました。
やっと、日本語チャンネルの方で50万人を突破しました。
皆さん、心からありがとうございます。

とくに僕は、登録者人数も注目してますけど、もっと注目しているのは、毎月のユニークビュアーですね。
何人が実際チャンネルを見てるのか。まだ登録をしていない人も含めて、日本の方の金融リテラシーをあげたいと思ってるので。

もちろん登録した人にもありがたく思っているので、皆さん心から、応援をありがとうございます。
これからも応援よろしくお願いします。

Q.1

バーゼル3でペーパーゴールドやペーパーシルバーがリスク資産におり分けられたことが原因で、ゴールルドとシルバーの下落が起きたのではないか?

一つ目の質問。

ん〜、いい指摘ですね。
僕もこの極麺は見ていませんでした。
…、
いやぁ、これはドルだと思いますねえ、これはすごいいい質問でいい指摘ですけど、 今回はバーゼル3の規制と関係ないと思います。

Q.2

ドル/円は中期的に下落トレンドになるのではないか?
そうであれば、金と銀は買いだと思う?

もう一つの質問。

ドル/円の動きは、すごく難しいですね。
僕は実は、中期的にはドル/円はまだ上がる…、円安になると思います。
ただ、いま短期的には、少し円高になる可能性が高いと思いますね。

とくに今は、ドルがすごい急激に上がったので、たぶん短期的に少しずつドル安があって円高、それが数日間続くかなと思ってます。

Q.3

中国はマイニング規制によってビットコインが下落したところで、自分達がこっそり買っているのではないか?

もうひとつの質問。 

さあ…。
事実とデータがない限り、僕は自分にリソースを与えたくないです。
ただの噂だけだと、僕はコメントないです。 

Q.4

イーサリアムのアップデートが相場に織り込まれているのであれば、もっとイーサは上がってもいいと思うのだが??

もう一つの質問。

イーサリアムはね、本当に危ないと思う。
この数ヶ月間 Everyone loves Ethereum!!

英語、日本語、中国語…、全部のYouTubeやツイッターを見ると、みんなイーサリアムが大好き。
こういう事が何ヶ月か続くと、強欲な感じを直感的に感じますね。
チャートを見ると、イーサリアムとイーサリアムクラシック はビットコインに比べて過大評価かなと思いますね。

詳しくはぜひ昨日のビデオとおとといのビデオを観てください。
とくに今は、”ビットコインは死ぬ”、これはとくにデッドクロスはどういう影響があるのか、そちらのビデオも観ておいてください。

Q.5

結局、なぜNIKKEIは昨日の上げ相場の中でも一番下落したのか?

もう一つの質問.

皆さん、ちゃんとビデオを見てから質問をお願いします。笑
ちゃんとビデオが見れば、答えが分かると思います。 

Q.6

アメリカ株式市場で大きな回復がありました。相場の雰囲気まで回復し、上昇トレンドに変化したのでしょうか?

最後の質問。

ん〜、僕はまだ疑問に思っていますね。ボリュームもあまり大きくなかったので。
でも、もう一度今日具体的に分析して、いろいろなセクターを見てから日本とアメリカ、世界の株式市場の回復が本物かどうか、皆さんにアップデートを別のビデオでしていきたいと思います。

エンディング

今日も皆さんありがとうございます。

ぜひこれからも、チャンネル登録と、いいねボタンと、登録ボタンの横の通知ボタンを押していただければ。応援をよろしくお願いします。

ありがとうございます。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました